sp
高崎神社

神前式とは

高崎神社の神前結婚式の特徴と、神前結婚式の沿革

結婚式イメージ

日本の結婚式の初めは、国の祖神である伊邪那岐・伊邪那美の二神によって興され、結婚式はこの故事に倣って執り行われることとなります。 この男女の祖神の名を特に伊邪那岐・伊邪那美と申しますのは、男女両性は、お互いに誘い合うことによって、初めて結ばれ、心身ともに一体となって、生み育てる生命力を発揮することができるという信仰に因んで名付けられたと言えます。

日本における結婚式は、昔は嶋台を床の間に据え、その前で夫婦固めの杯を交わしましたが、この嶋台の起源は神棚からきたもので、一種の神前結婚式であったのです。

神棚の前ではなく神社の神前で行うようになったのは、明治以降のことです。皇室典範により、天皇・皇族の結婚式は宮城内の賢所(皇室の祖神を祭るところ)で行なうことが定められており、明治33年に大正天皇が皇太子時代に、賢所のご神前で結婚式を挙げられたのがその初めです。全国の神社での神前結婚式はこれにならったものなのです。

結婚式イメージ

当神社の神前結婚式は、大正13年当神社から高崎市長に届け出た書付に、明治35年から始められたとあります。年代からみれば、全国神社の結婚式の中でも、皇室に次いで古いもので、既に百余年の輝かしい歴史と伝統を持っております。

また、当社の主祭神女神伊邪那美命は、男神伊邪那岐命と男女の結婚式を興された結びの神であると共に、古事記序文に「二霊群品の祖と為れり」とあるように、大本の祖神として崇められる神です。皇室で、皇室の祖神を祀る賢所で結婚式がおこなわれるように、当神社の神前結婚式は民俗の祖神である伊邪那美命の大前で執り行われる所に大きな意義があります。祖神は私たち子孫の幸いを、何よりも乞い望む神です。

ページ上部へ