ホーム > ウエディング > セレモニー

神前式|鎌倉時代に創建された由緒ある「高崎神社」

日本の伝統衣装に身を包み、雅楽に合わせ玉砂利を踏みしめながら歩む参進の儀、巫女舞奉奏、三献の儀と進められる本格神前式。
主祭神は、古代より男女の縁を取りもつとされる「イザナミノミコト」です。ここで愛を誓ったふたりは、永遠に結ばれるという言い伝えが残されています。

和婚式|嫁ぐ

結婚式のはじまりのかたちである人前式。日本古来の結婚式を見つめなおし、創りあげた和の人前式「和婚式」は、ご列席の皆さまへの感謝を伝えられる唯一のお式です。
我が子の幸せ、健康を願い、大切に育ててきた親御様の想いを感じながら歩む「愛し道(いつくしみち)」。そして、親御様の元から、おふたりが夫婦として歩み出す新しい人生…。
嫁ぐ瞬間を見届けていただける和婚式だからこそ、皆さまにとって忘れられない想い出となることでしょう。

今まで親御様と共に歩んできた道のりから、ご新郎様の元へと嫁ぎ、ご夫婦として歩むおふたりの新たな道のり。

花嫁の身支度
お母様は、嫁ぐ娘へ想いをお手紙にたくし、娘は、母の想いのこもった筥迫(はこせこ)を胸に新しい人生を歩み出す。
“嫁ぐ”
ご新婦様がご新郎様の元へと嫁ぐ瞬間。親御様への感謝の気持ちと共にご新郎様の元へ。あたたかな眼差しを感じながら…。
人生の振り返り
今までの人生に関わった大切な人達へ伝えたい気持ち、想い出があります。「おぼえていますか」と問う言葉に想いを重ねて。

人前式

Annual Ring Ceremony|「あの頃」を想い、時を重ねる瞬間

両親や家族と過ごした時間。仲のよいご友人との想い出。ふたりが出逢い今日を迎えるまで…。
振り返りよみがえる「あの頃」は、おふたりの人生の大切な想い出の数々。人生の年輪(アニュアルリング)を感じながら夫婦となり、未来に振り返った時、誓いをたてたこの瞬間が、おふたりにとってかけがえのない「あの頃」となる。
大切な想い出となる「あの頃」を創る式、それがホワイトイン高崎の人前式(アニュアルリングセレモニー)です。

2つのスタイルから選べるAnnual Ring Ceremony

式次第

  • プロローグ
  • ご新郎入場
  • ご新婦入場
  • 結人(むすびと)よりおふたりとの「想い出」をご紹介
  • 誓いの言葉
  • 指輪の交換
  • 誓いのキス
  • TSUNAGARI Letterにサイン
  • TSUNAGARI Letterの披露
  • ご新郎ご新婦退場
想いが実るメッセージツリー
ゲストの皆さまがおふたりとの想い出の写真をツリーに飾りセレモニーを彩ります。
心を許せる親しい方々と共に
おふたりを結ぶ人として親しいご友人達に大切なお式のお手伝い役をしていただけます。
50年を綴る“つながりレター”
誓いの署名を記すのは、結婚式当日から一年に1ページずつ、お互いの感謝の気持ちを記して一冊の本となる”つながりレター”に。

出立ち|結婚式前日─ ご両親と過ごす最後の『親子水入らず』の時間

私達は「親子水入らず」という時間が結婚式を迎えるまでには必要だと思っております。
明日着る白無垢を、ご両親と一緒に眺め、小さい頃を振り返りながらゆっくりお過ごし下さい。
 
[生まれてきた時のこと]
[幼稚園に行った時のこと]
[家の柱にある背が伸びた証のキズ]
[少し大人びて反抗した時のこと]
[何十年も慣れ親しんだお母さんの味]
[いつも「がんばれ」と応援してくれた母の笑み]
[初めて彼が私の両親へ挨拶した時の父の顔]

日本の結婚式には古き良き風習があります。結婚式前日、当日着る衣裳をご自宅に飾り、生まれ育った家で花嫁姿になる。そして、生まれ育った家から嫁ぐ。古来の風習の意味を真剣に考え親から子へ伝承していくお手伝いをしたい、そんな想いから「出立ち」というご提案が生まれました。
玄関を出るとき、ご両親様にこう告げて下さい。「今までありがとう」と。私達はその一言が、とても大切だと心から感じます。

セレモニーや出立ちについてお気軽にお問い合わせください。
027-325-5858
ページの先頭へ